ドコモ光キャンペーン

ドコモ光は結局どこから申し込むのが1番オトクなのか?

ドコモ光のキャンペーン 
ドコモ光を申し込む方法は、ドコモショップでの申し込みやヤマダ電機などの家電量販店、またWEB申し込みと色々あります。 
当記事ではドコモ光の申し込みキャンペーンを比較し、一番オトクに申し込む方法について解説します。先に結論を書いてしまうと、今から書く方法で申し込むだけで10,000円以上トクする事になりますのでよーく読んでからドコモ光キャンペーンを申し込むようにしてください。 

 

●結論:GMOのキャンペーンがイチバンオトクなのでGMOを選ぶべし 

 

前述の通りドコモ光はいろいろなところで申し込めるのですが、一番オトクなのはGMOのドコモ光キャンペーンサイトです。なぜオトクなのか、10,000円以上トクをするのかを今から解説していきます。

 

●GMOがオトクなポイントその@ 

 

 

GMOでドコモ光を申し込むと、GMO独自のキャンペーンとは別に「ドコモ公式サイト」で申し込んだ時に適用されるキャンペーンも同時に受け取る事ができます。
→ドコモの公式サイトキャンペーンはこちら 

 

 

ドコモ光公式サイトのキャンペーンは主に、「dポイント◯◯◯◯ポイント進呈!」というパターンがほとんどで、フレッツ光回線のように現金キャッシュバック!みたいなキャンペーンはありません。

 

あとはドコモ光を申し込みすると受けられる「ドコモスマホの割引」はキャンペーンではありませんがドコモ光を契約していると適用されますね。 

 

以上ドコモ光をドコモ公式サイトで申し込んだ場合に受けられる特典は「GMOで申し込んだとしても同じキャンペーンを適用できる」つまり、GMOでドコモ光を申し込んだ場合は「ドコモ光公式サイトキャンペーン+GMOドコモ光キャンペーン」の両方を受け取る事ができます。

 

この時点でドコモ公式サイトからドコモ光を申し込むという選択肢がない事にお気づきでしょうか? 

 

キャンペーン内容は随時変わるので一概にいくら、とは言えませんがGMOドコモ光の例で言うと

 

現金キャッシュバック5,500円〜15,000円(金額は時期によって変動する)+高性能無線ルーターの無料レンタル

 

となっているので公式サイトから申し込んだ場合は単純に10,000円以上損してしまうという仕組みです。後述しますが、現段階ではGMOドコモ光キャンペーンが一番オトクなので、絶対損したくない人はドコモ光はGMOから申し込むようにしてください。 

 

また後述するドコモ光が採用している高速通信技術の「V6プラス」という規格に対応している無線ルーターを無料でレンタルできる点もGMOドコモ光の良い点だと言えます。(自分で購入したら10,000円以上してしまいます)

 

GMOドコモ光キャンペーンを申し込む際の注意点について

 

 

いちばんオトクだと力説したドコモ光なんですが、注意点が一つだけあります。
ドコモ光を申し込む際はプロバイダを選択しないといけないのですが、GMOドコモ光キャンペーンを申し込んだ場合は「プロバイダはGMOにしなければならない」という点です。 

 

プロバイダとは、インターネットを利用するためにドコモ光の回線と家庭のパソコンやスマホをつなぐ「中継者」みたいなもので、通常ドコモ光を申し込む時は約26社の中から選ぶ事になります。 

 

各26社はAタイプとBタイプに分かれており、GMOはAタイプに属します。AタイプとBタイプの違いは毎月の月額料金が200円Aタイプの方が高い点です。 

 

じゃあ安い方のプロバイダの方がいいじゃん、と思ってしまいがちですがAタイプを選んだ方が良い点が2つあって、一つ目は通信速度や電波品質がAタイプの方が良いという事です。

 

ネット上で、「ドコモ光が遅い!動画が止まる!」なんて悪い評判を見かけた事はありませんでしょうか? 
このような通信速度で困っている人は大抵Bタイプを使用しています。

 

また、ドコモ光は「V6プラス」という名前からしても速そうな通信規格を採用しているのですが、BタイプのプロバイダではV6プラスの速度を十分に伝えられない可能性があります。
二つ目は、Bタイプのプロバイダほど企業体力が貧弱である、という点です。
企業体力が貧弱だと、たとえば「儲からないのでプロバイダ事業から徹底しま?す」といきなりサービスを終了してしまうところがあります。

 

こうなった場合やどうしても通信速度が遅くて我慢できない時などはプロバイダはあとから変更できるのですが手続きが面倒ですし変更手数料もかかってしまいますので最初からAタイプのプロバイダをおすすめします。

 

●Aタイプの中でのGMOの立ち位置 

 

上記でAタイプとBタイプの違いは説明しましたが、数あるAタイプの中でのGMOの立ち位置について解説します。 

 

同じAタイプ同士の違いは「メールアドレス」です。Gmailなどのメールアドレスが普及した現代で、プロバイダのメールアドレスを使用している人はほとんどいないと思うので「Aタイプのプロバイダであればどこもそんなに違いはない」と言えます。
しいてGMO以外のプロバイダで選ぶとするならドコモが運営する「ドコモnet」かプロバイダの老舗である「plala」「BIGLOBE」などがおすすめです。

 

しかし上記プロバイダを選ぶとドコモ光キャンペーンは適応されませんのでやはりGMOを選択する事をおすすめします。

 

●so-netドコモ光のキャンペーンについて

 

GMOと同様に、プロバイダのso-netでもドコモ光キャッシュバックキャンペーンを行っています。so-netのドコモ光キャンペーン内容は、ドコモ光公式キャンペーン+so-netポイント5,000ポイント、みたいな正直あんまり魅力的ではないキャンペーンが主なのですが、たまーにGMOと同レベルくらいのキャッシュバックがもらえたりする時があります。 

 

その時を偶然見つけられた場合はGMOとso-netのどちらかを選択してください。ただし、GMOの無線ルーター無料レンタルキャンペーンというのはみなさんが思っているよりも結構オトクなキャンペーンなので、so-netで申し込みうしても無線ルーターの無料レンタルキャンペーンがついてくるかどうか、という点は確認した方が良さそうですね。

 

 

ドコモ光の公式キャンペーン

ドコモ光の公式キャンペーン 

 

ドコモ光とは、フレッツ光の回線や提携のケーブルテレビの設備を使い提供されるドコモによるインターネット接続サービス。ドコモ光の公式では入会にあたって以下キャンペーンを展開しています。(どのプロバイダーを選んでも同じキャンペーンを適用可能です。)

 

費目 キャンペーンの内容
「新規申込」の場合 dポイント10,000ptプレゼント

既設フレッツ光回線の

 

「転用」の場合

dポイント5,000ptプレゼント

 

 

他のインターネット回線では、入会キャンペーンで現金キャッシュバックを行っていることもありますが、ドコモ光公式で行われるのは上述の通りdポイントのプレゼント。1pt1円の換算でドコモスマホ・携帯の支払いに使える他、ローソンやマクドナルドで使うこともできるので便利です。

 

ただしこのキャンペーンを適用するためには、ペア回線の契約者がdポイントクラブ会員である必要があるので注意しましょう。ドコモ光のペア回線とはドコモ光に組み合わせるドコモのスマホや携帯電話の契約のことです。(ドコモユーザーでない場合は、dポイントクラブ会員になって特典を受け取ることができます。)

 

 

▽ドコモスマホとのセット割

 

ドコモ光とドコモスマホをまとめることにより、セット割がきいて月額料金を安くできます。割引額はスマホ側のパケットパック・シェアパックの容量によりますが、パケットパックなら最大で月額1,600円の割引、シェアパックなら最大で月額3,500円。このようにドコモスマホの利用者の方はドコモ光の利用が非常にお得です。

 

 

▽新規工事無料キャンペーン

 

ドコモ光では2018年6月29日〜2018年9月30日の期間限定で、新規申込の工事費用最大18,000円無料キャンペーンを実施しています。上記期間に新規でドコモ光に申し込み、2019年3月31日までに利用開始する方限定になりますので、ドコモ光を検討している方はこの期間に申し込むとお得です

 

▽ドコモ光では解約金(違約金)の負担キャンペーンはある?

 

他社回線を解約してドコモ光乗り換える際の解約金(違約金)を還元するキャンペーンについては、残念ながら2018年7月現在、ドコモ光では展開されていません。(過去には同様のキャンペーンが行われていたこともありました。)

 

▽スマホ★光 のりかえサポート

 

ドコモ光の申し込みと一緒に携帯電話を他社(Softbank、au、Y!mobile、UQ mobile)からドコモに乗り換えると、他社携帯電話の解約金相当額10,260ptがプレゼントされます。他社携帯電話の2年契約解除の証明書の提出などが必要になりますが、通信費の節約には光回線と携帯電話の会社をまとめることをおすすめします。

 

 

⇒ドコモ光の公式サイトはこちらから

ドコモ光の代理店やとくとくBBのキャンペーン

ドコモ光の各代理店などインターネット上で申し込みを受け付けるサイトでは、それぞれのサイト経由でドコモ光を申し込んだ場合に、独自のキャンペーンを展開していることがあります。そして前提として、代理店で申し込むとドコモ光公式のキャンペーンとあわせて独自のキャンペーンを適用できるため、ドコモ光の公式から申し込むよりお得です。

 

たとえばドコモ光の提携プロバイダーとしても人気が高い「GMOとくとくBB」では、専用の公式特設サイトからドコモ光を申し込むことにより、以下キャッシュバック特典をつけるキャンペーンを展開しています。

 

費目 キャンペーンの内容
ドコモ光 2年定期契約プラン (タイプA)を申し込みの場合 5,500円のキャッシュバック
ドコモ光 2年定期契約プラン(タイプA)+ひかりTV(2年割)を申し込みの場合 15,000円のキャッシュバック

 

 

 

その他、とくとくBBでドコモ光を申し込むことにより以下2つの特典も付与されます。

 

・v6プラス(IPv6アドレスを使えること)にも対応した高性能無線LANルーターの無料レンタル
・有線インターネット接続設定やメール設定、通信機器などの設定の出張サポートサービス「インターネット接続設定パック」が1回無料

 

 

当サイトではNURO光のキャンペーンを推しています。興味のある方はぜひ御覧ください。

ドコモ光のドコモショップでのキャンペーン

ドコモショップでは、携帯電話やスマートフォンを申し込むのと同じように、ショップ店員に聞きながらドコモ光を申し込むことが可能です。ただし基本的にはドコモショップ独自でのキャンペーンを行っているわけではなく、適用できるのはドコモ光公式のキャンペーンだけです。

ドコモ光の家電量販店でのキャンペーン

ドコモ光は、ビックカメラやヤマダ電機のような家電量販店で申し込むことも可能です。適用されるキャンペーンの内容は店舗や契約時期によって異なるものの、そのほとんどがdポイント5,000pt分、もしくは各電気店で使うことができる専用ポイント5,000pt分のプレゼントとなります。

ドコモ光のおすすめ申込窓口

ドコモ光公式サイト・代理店経由・ドコモショップ・家電量販店それぞれのドコモ光のキャンペーンを紹介しました。そしてご覧いただいてわかる通り、中でもとくとくBBで申し込むのが最もお得。

 

公式サイトのキャンペーンと併用して独自のキャンペーンを適用できる上に、キャッシュバック額が多かったり、無線LANルーターの無料レンタルなどの特典をもらったりすることが可能です。ドコモ光はどこから申し込んでも通信品質やサービス内容に差はありませんから、それならできるだけお得な窓口から申し込みたいものですよね。

 

さらに代理店からの申し込みであれば、自宅からインターネット経由で手続きすることが可能。ドコモショップ・家電量販店のようにわざわざ足を運んだり、長い時間待ったりする必要もありません。

 

ちなみに代理店がこのように他と比較してお得なキャンペーンを展開できるのは、実店舗を持っていなかったり実店舗に設置するスタッフを確保したりする必要がないため。その分だけ経費や人件費が浮いて、キャッシュバックなどのかたちで顧客へ還元できるためです。

 

 

⇒ドコモ光の公式サイトはこちらから

ドコモ光の申し込み先選びのポイント

ドコモ光のキャンペーンの選び方ポイント 
代理店などによっても、キャッシュバックされる金額など特典の内容が異なるので、よく確認するようにしましょう。あわせて以下の点にも確認してからえらぶのがよいです。

 

・キャッシュバックがいつもらえるか

 

キャッシュバックやdポイントがいつもらえるか確認しましょう。代理店によっては付与されるまで時間がかかることもあります。ちなみにドコモ光の公式キャンペーンは利用開始月の翌々月に、とくとくBBのキャッシュバックは「ドコモ光回線工事完了の翌月末日まで」に必要な申請を行い、申請月翌月末にキャッシュバックの振り込みが行なわれます。

 

・有料オプションへの加入が必要か

 

キャンペーンによって有料オプションへの必要になる場合があります。自分で使わないオプションへ加入してしまうと、仮に特典があっても結果的に損になってしまうので条件を確認するようにしましょう。

注意点

代理店やとくとくBBで申し込む場合、ドコモ光公式の特典と代理店やとくとくBBの特典はそれぞれ別々に付与されることになります。そのため、それぞれ条件や手続きも別となるので、代理店・とくとくBBから申し込む場合は必ずその両方を確認するようにしましょう。

 

またdポイントの付与は、あらかじめdポイントクラブ会員になっていないと行われません。申込前にあらかじめ会員登録をすませるようにしてください。

 

⇒ドコモ光の公式サイトはこちらから