ソフトバンク光キャンペーン

ソフトバンク光の公式キャンペーン

ソフトバンク光の公式サイトでは、ソフトバンク光の申し込みで2万円などのキャッシュバック、さらに工事費相当(24,000円分)のキャッシュバック(時期によって商品券での提供になることもあり)などのキャンペーンを展開しています。

 

また他社プロバイダから乗り換える際に発生する違約金(解約金)を、それはまた別に全額(上限あり)キャッシュバックするという特典を用意することも。確かにお得ではありますが、実は後述する代理店から申し込むと、公式キャンペーンとあわせて代理店独自のキャンペーンが適用できてさらにお得。

 

公式サイトで申し込むのは安心という方もいるかもしれませんが、お得にソフトバンク光を契約するなら他の申し込み方法がおすすめです。またソフトバンクの携帯電話やスマートフォンをもっていてセット割をつけないと、キャッシュバックがもらえないといった適用条件の縛りがある場合もあります。

ソフトバンク光の代理店キャンペーン

ソフトバンク光には、ソフトバンク公認の正規代理店が複数あります。これら代理店サイトから申し込むことにより、代理店独自のキャンペーンを適用できることが多いです。契約の経路が違うだけで、通信の品質はもちろんのこと、たとえば契約後の問い合わせ先になるサポートセンターなど、サービス内容は一切かわりません。

 

さらに注目すべきなのは、代理店サイトからの申し込みでは、代理店独自のキャンペーンとあわせてソフトバンク光公式サイトのキャンペーンも同時に適用できることです。たとえば正規代理店NEXTでは、ソフトバンク光申し込みで25,000円のキャッシュバックをおこなっており、これに加えて公式サイトのキャンペーンも併用できます。つまりソフトバンク光の公式サイトより申し込むより代理店サイトから申し込んだ方がお得なのです。

 

ちなみに当サイトおすすめはNURO光です。キャンペーン詳細は以下からどうぞ。

NURO光キャンペーンの内容やNURO光キャッシュバックの受け取り方法
について徹底解説

ソフトバンク光のソフトバンクショップでのキャンペーン

街のソフトバンクショップでもソフトバンク光を申し込むことが可能です。ソフトバンク光の公式サイトで契約する以上に、ショップ店員にいろいろと聞きながら契約できるので安心なイメージがありますが、結論から言うとお得ではないのでおすすめできません。

 

ソフトバンクショップでは、たとえばソフトバンクのスマートフォンや携帯電話と一緒にソフトバンク光を契約することを条件に端末代を割り引いたり、仮にキャッシュバックが行なわれていても1万円以下の少額だったりします。代理店サイトからの申し込みのように、ソフトバンク光公式サイトのキャンペーンも適用することができません。

 

さらにショップでの申し込みは待ち時間や手続きの時間がかかる上に、頼りにしたかった店員が(基本的にはスマートフォンや携帯の専門なので)、ソフトバンク光にあまりくわしくかったりするということもあるようです。

 

近所に行きつけのショップがあっていつもそこで手続きをしているとか「店員に聞きながら契約しないと安心できない」ということがあれば別ですが、そうでなければもっとお得でかつ手軽な方法で契約する方がおすすめです。

ソフトバンク光の家電量販店でのキャンペーン

ヤマダ電機やビックカメラといった大手家電量販店では、ソフトバンク光の加入キャンペーンを展開していることがあります。ただ結論から述べると、このキャンペーンを使ってソフトバンク光を申し込むのも、お得ではないのでおすすめできません。

 

店舗によってはそもそも特典が一切ないこともある他、仮にキャッシュバックがあっても商品券やポイントの還元1万円程度だったりします。これなら他から申し込んだ方がお得ですね。

 

さらに家電量販店での申し込みの際に注意が必要なのは、あまり使わないような有料のオプションサービスを熱心に勧められること。面と向かっていろいろ勧められると、なかなか断り切れず有料オプションを契約してしまい、さらにお得さがなくなってしまう、なんてこともよくあるようです。

ソフトバンク光のそのほかの申込窓口でキャンペーンは行われているのか

ソフトバンク光の主だった申込窓口はすでに紹介した公式サイト、代理店サイト、ソフトバンクショップ、家電量販店ですが、まれに代理店の営業マンが訪問営業でソフトバンク光の契約を勧誘してくることがあるようです。ただしこれらはキャッシュバック額が少ないなど、お得ではないためおすすめはできません。訪問で来る営業の所属する代理店は、インターネット上で勧誘を行っているような、正規代理店とも別だったりします。

ソフトバンク光はどこから申し込むとお得なのか

いろいろなソフトバンク光の申込窓口を紹介しましたが、その中でも最もお得に申し込めるのは代理店サイトです。代理店サイトでは、ソフトバンク光公式サイトのキャンペーンとあわせて、それぞれ独自のキャッシュバックなどのキャンペーンを併用できます。

 

たとえばソフトバンク光の公式サイトから申し込むと公式の20,000円のキャッシュバックのみでも、代理店サイトから申し込めばさらに独自の25,000円のキャッシュバックも追加できるわけです。ソフトバンク光を申し込むのであれば、代理店サイト経由がもっともお得でおすすめです。

代理店のキャッシュバックが多い理由

代理店サイトでのソフトバンク光申し込みが最もお得でキャッシュバック額が多い理由は、簡単に言うと人件費などの経費の問題です。家電量販店やショップなどと違い、代理店サイトはインターネット上に構築した専用サイトでのみ集客を行っています。

 

そのため店舗を準備して家賃を支払ったり、それぞれの店舗に配置してシフトを組むための多くのスタッフを雇い高い人件費を払ったりする必要がありません。これが理由で、他で申し込む場合と比較してお得な特典がつけられるわけです。

代理店を選ぶポイント

繰り返すように代理店から申し込んだからといって、通信品質などソフトバンク光のサービス内容に差が出るわけではありません。そのためできるだけお得な特典付きのキャンペーンを展開している代理店をえらぶとよいです。

 

そしてキャンペーン比較のポイントとなるのは、ずばりキャッシュバック額がどれだけ多いかと、有料オプション加入の必要可否です。キャッシュバック額が多い方がもちろんお得ですし、キャンペーン適用にあたって有料オプションの加入が必要であれば、結果的にお得でなくなってしまうわけです。

 

これらのポイントをもとにおすすめする代理店サイトとしては以下があげられます。

 

 

代理店名 キャッシュバック額
株式会社NEXT

新規:

 

25,000円もしくは21,000円+無線LANルーターのいずれかを選択

 

 

 

転用:11,000円

エヌズカンパニー

新規:

 

25,000円もしくは21,000円+無線LANルーターor無線LAN中継器のいずれかを選択

 

 

 

転用:

 

11,000円もしくは6,000円+無線LANルーターor無線LAN中継器のいずれかを選択

株式会社アウトカンパニー

新規:

 

25,000円もしくは21,000円+クロームキャストor無線LANルーターのいずれかを選択

 

 

 

転用:

 

11,000円もしくは6,000円+クロームキャストor無線LANルーターのいずれかを選択

 

 

※転用とはフレッツ光を他社プロバイダで契約中の場合に、ソフトバンク光に
 乗り換えることを指します。

 

比較した3社の中で大きな違いは、新規での申し込み時に無線LANルーター・無線LAN中継器・クロームキャスト(Chromecast)いずれかがつくかですね。無線LAN中継器は無線LANの電波を中継して遠くまで飛ばすための機器、クロームキャストとは、Google Playで購入した映画などインターネット上のコンテンツをWi-Fiを利用しテレビで視聴できるようにした機器。どれもネットショッピングで購入すると4,000円〜5,000円前後です。ほしいものがあれば、これらの特典がついたキャンペーンをえらんでもよいでしょう。

注意点

キャッシュバック目当てに代理店サイトから申し込む場合は、「いつキャッシュバックがもらえるか」とキャッシュバックをもらうための方法も確認しておきましょう。キャッシュバックは基本的に申し込んですぐにもらえるわけではなく、契約してから数ヵ月後にもらえます。代理店によりもらえる時期が異なり、申し込みから2〜3ヵ月後でもらえることもあれば約1年かかる場合も。せっかくなら早くキャッシュバックをもらいたいですよね。ちなみに上にあげた株式会社NEXT・エヌズカンパニー・株式会社アウトカンパニーはいずれも申し込みから最短2ヵ月にキャッシュバックがもらえます。

 

またキャッシュバックをもらうために、専用の手続きをしなければならない場合があることも注意しましょう。書面での手続きなど手間がかかる上に、決められた期限内に手続きを終わらせないとキャッシュバックの権利が無効になってキャッシュバックがもらえない、なんてこともあります。この点も、この記事で紹介した3社なら、電話でキャッシュバック振り込み先の口座番号を伝えればすむので手軽で安心です。