NURO光WiMAX

初期費用を比較

NURO 契約事務手数料として3000円が必要です。
WiMAX2+ 契約事務手数料として3000円が必要です。

初期費用はNURO光とWiMAX2+どちらも3000円ずつ、掛かります。

工事費用を比較

NURO

光回線を引き込む為の工事費として総額40000円を分割で1333円ずつ支払います。
しかしこの工事費はキャンペーンの対象になることが多く、キャンペーン中に申し込むことで実質0円にすることが可能です。

WiMAX2+ なし

NURO光は光回線を利用する設備に引き込む必要がある為、その分工事費が必要になりますが、キャンペーン期間中であれば実質0円です。それに対してWiMAX2+は通信端末を持ち運ぶだけなので、工事等は必要ありません。またしても両者、イーブンな結果となりました。

月額料金を比較

NURO 月額料金は4743円です。
WiMAX2+ 人気のSo-net WiMAX2+だと月額料金は3980円です。

ここまで、初期費用・工事費と調べたところ、NURO光とWiMAX2+に差はありませんでしたが、月額料金を比較してみると、763円の差があることが分かりました。…意外と差が少ないというのが正直な感想です。

セット割を比較

NURO

おうち割光セットというサービスが適応されれば、ソフトバンクのスマホ及び携帯電話が月額1人あたり2000円安くなります。
ご家族の携帯が全てソフトバンクということになれば、人数分、例えば4人であれば2000円×4人=8000円が毎月安くなることになります。

WiMAX2+ auスマートバリュー「mine」というセット割が適応されれば、auのスマホ及び携帯電話の通信量が最大934/月、安くなります。

セット割で割り引きされる総額で比較すると、1人あたり2000円安くなるNURO光×ソフトバンクのセット割の方がWiMAX2+×auのセット割よりもお得になりますが、スマホ・携帯電話はそう簡単に変更できるものではありません。月額料金の比較では763円の差しかありませんでしたので、セット割が適応される方を選ぶというのも方法の一つかもしれません。

 

 

その他のNURO光キャンペーン詳細はこちらのページから

キャンペーンを比較

NURO キャッシュバック30000
WiMAX2+ キャッシュバック最大33000円 (とくとくBBの場合)

どちらもかなり高額なキャッシュバックキャンペーンが実施されています。NURO光の方が受け取りが半年早いこと、GMOのとくとくBBは機種によってキャッシュバック額が変わってきます。

速度を比較

まずは最大速度で比較してみました。

NURO 下りは2Gbps(2000Mbps)、上りは1Gbps(1000Mbps)です。
WiMAX2+ 下りは440Mbps、上りは10Mbpsです。

最大速度で比較すると、WiMAX2+の速度はNURO光の速度と比較にならないくらい遅いことが分かります。しかし外出先でインターネットを利用したい多くの方の場合、重要なのは「速度が快適かどうか」ではなく「利用したい用途をこなせるかどうか」です。

 

つまり、最速でなくても、例えば「仕事の資料を作成できたり、メールが確認できる・送れればいい」のです。そこで次は実測がどれくらいなのか、2つの速度を再び比較してみます。

 

次は実測速度で比較してみました。

NURO

ダウンロード速度は921.0Mbps、アップロード速度は868.3Mbps(有線LANの場合)
ダウンロード速度は459.12Mbps、アップロード速度は308.37Mbps(無線LANの場合)

Ping値(応答速度)は5ms
WiMAX2+ ダウンロード速度は39.64Mbps、アップロード速度は1.64MbpsPing(応答速度)53ms

さすがNURO光、実測でここまで数字が出ているのはさすがの一言です。無線LANは有線LANに比べて、速度は半分以下と落ちてしまいますが、それでもこれだけ早ければ満足できるレベルということができるでしょう。

 

問題はWiMAX2+のPing値が53msもかかっているという点です。アップロードの速度はたったの1.64Mbps、これはどれくらい遅いのかというと、1Gbpsの動画をDropboxにアップロードする場合、1時間以上も掛かるレベルです。仕事関係などで動画をアップロードする必要のある方は、WiMAX2+を選択するのは難しいということになりました。

 

次にPing値ですが、応答時間は速ければ速いに越したことはありませんが、4G LTEであれば20ms程度かかるのが普通です。53msという値は遅いけれども、資料作成、メール、サイトをいくつか検索するくらいのネットサーフィンが用途であれば問題ないといったところです。

 

もう一つ、動画以外に問題になりそうなのがゲームです。真剣勝負している、ここぞという時に通信が遅延したり、途切れてしまう可能性がでると思います。

 

WiMAX2+の速度制限について

 

NURO光とWiMAX2+はどちらがいいのか?比較する時に、速度情報について知っておかなければならないことがもう一つあります。それはWiMAX2+には速度制限があるということです。WiMAX2+の速度制限は次のとおりです。

  速度制限対象データ量 制限時間 制限時の最大通信速度
WiMAX2+ 3日間で10GB以上

10GBを超えた翌日から

18時〜翌2

1Mbps

一見「これはかなり厳しいルール」とか「すぐに制限に引っ掛かってしまいそう」と心配になりそうな内容ですが、動画を再生したりダウンロードしない限り、WEBページの検索、メールの送信、ドキュメントの更新程度であれば、すり抜けられるレベルです。

 

問題は動画を再生・ダウンロードしてしまった場合です。3日間で10GB以上使い切ってしまうと、翌日の18時〜翌2時までは1Mbpsになります。1Mbpsはかなり遅いです。かろうじてメールの確認ができるかもしれませんが、開くまでにストレスを感じてしまうで状態です。制限が掛かる期間は割と短いので「解除されれば平気」という方であればメリットはあると思います。

申込から利用までの期間を比較

NURO

申込から利用まで残念ながら1ヶ月程度かかります。
原因は光ファイバーの引き込み工事を行う為です。

WiMAX2+

申込から利用まで大体37日です。
利用は端末が到着次第利用可能です。

1ヵ月は待てないと思うかもしれませんが、NURO光のインターネットは優秀なので待つ価値はあります。

NURO光とWiMAX2+はどちらがいいの?

外出先でインターネットを利用しなくていいのならば、断然おすすめするのはNURO光です。新しい技術に対応するのが上手いプロフェッショナル集団であるNURO光が扱うONUは標準で無線LAN(Wi-Fi)が内蔵されており、フレッツ光やドコモ光、au光では有料オプションとして月額料金が必要になる無線LANがNURO光の場合は永年無料で利用することが可能です。

 

しかもこの無線LAN(Wi-Fi)のスペックは次世代Wi-Fi規格「11ac」を使用、最大速度は1300Mbpsが出るんです。このONU使ってみたいと思いませんか?

 

WiMAX2+について気を付けなければならないのが解約金の高さ、デメリットです。WiMAX2+の端末代金は無料と魅力的ではありますが、途中解約した場合、1年以内であれば19000円、2年目からは14000円。3年目以降は9500円の違約金が必要になります。契約更新月での解約だけは無料となります。

 

東京オリンピックの影響でフリーWi-Fiが増えてきたとはいえ、まだまだ外出先でのインターネット接続には場所を選ぶ必要がある現状では、速度が遅い、制限がある、解約金があるとはいえ、「今ここでインターネットを利用したい」という用途を叶えてくれるのはNURO光ではなくWiMAX2+です。

 

がしかしNURO光のインターネット技術も今や世界一を誇るレベルに到達し「一度でいいから使ってみたい」魅力があります。私なら外出先でのインターネット接続の優先度がそれ程高くないのであれば、フリーWi-Fiが使えるカフェで都度コーヒー1杯分を支払い、自宅でNURO光を使うことを選ぶでしょう。