NURO光ポート開放

そもそもポート開放って何?

ポートは簡単にいうと、データの送受信を行う為の通り道、トンネルのようなものです。例えば、ONUを使ってインターネットに接続するという行為は、繋げた瞬間、世界のネットワークに参加するようなもの。外部からの不正アクセスから一気にアタックされてしまう可能性があります。

 

通常、ポートには「ポートフィルタリング機能」がついており、ポートを通過できる通信に制限をかけておけば、セキュリティを強化することができるのです。しかしこのポートフィルタリング機能を強く掛け過ぎてしまうと、一部のネット対戦ゲームなどのサービスが利用できない状態になります。

 

全ての制限を解除してしまうと、セキュリティに穴が開いてしまうので、一部のフィルタリングだけを解除し利用したいサービスが使える状態にすることをポートの開放と呼びます。

ZXHN F660Tのポート開放の方法

2015年8月に提供が開始されたZXHN F660Tの大きな特徴はMACアドレスマッピングが可能なところです。IPアドレスを固定しなくてもMACアドレスでポートを開放することができます。

 

ZXHN F660Tのポート開放手順

 

1.ポートを開放するクライアント(パソコン等)のIPアドレスを固定します。

 

・まずはポート開放したい端末のローカルIPアドレスを取得します。「コマンドプロンプト」を開き、「ipconfig」と入力します。表示される内容の内、「IP(v4)アドレス」、「デフォルトゲートウェイ」「サブネットマスク」をメモします。
・コントロールパネルの「ネットワークの状態とタスク」から「アダプターの設定の変更」をクリックし、現在利用中のネットワークのアイコンを右クリックして、「プロパティ」を開きます。次に「インターネットプロトコルバージョン4(TCP/IPv4)」に?を入れて、再度プロパティを開き、「次のIPアドレスを使う」にチェックを入れます。「IPアドレス」の欄には先ほどメモした「IP(v4)アドレス」の情報を、「優先DNSサーバー」の欄には「デフォルトゲートウェイ」の数字を入力します。固定できたら一度パソコンを再起動して下さい。

 

2.ブラウザのアドレスにhttp://192.168.1.1/と入力してEnterキーを押します。
3.ログイン画面が表示されますので「ユーザー名 admin/パスワード admin」を入力して下さい。
4.設定画面が開いたら、まず最初にアプリケーション登録を実施します。
5.次は「ポートフォワーディング」タブを開いて必要事項を入力します。開始 外部ホストIPアドレス、終了 外部ホストIPアドレスは空欄でも設定できます。入力が終わったら必ず最後に「有効にする」 にチェックが入っているか確認して下さい。

HG8045jのポート開放の方法

HG8045jの特徴は、ファーウェイ製で、Wi-Fiの設定が簡単プッシュスタートWPSと本体貼り付けSSIDと暗号化キーによる手動設定が可能なところです。

 

1.ポートを開放するクライアント(パソコン等)のIPアドレスを固定します。
2.ブラウザのアドレスにhttp://192.168.1.1/と入力してEnterキーを押します。
3.ログイン画面が表示されますので「ユーザー名 admin/パスワード admin」を入力して下さい。
4.設定画面が開いたら、詳細設定メニュータブから、ポートフォワーディングメニューを開きます。
5.上から順番に値を入力します。

HG8045Dのポート開放の方法

HG8045Dの特徴は、シンプルなブラックのデザインがかなりかっこいいこと、無線LANは倍速モードを利用すればIEEE802.11nで最大300Mbpsが出るところです。

 

1.ポートを開放するクライアント(パソコン等)のIPアドレスを固定します。
2.ブラウザのアドレスにhttp://192.168.1.1/と入力してEnterキーを押します。
3.ログイン画面が表示されますので「ユーザー名 admin/パスワード admin」を入力して下さい。
4.設定画面が開いたら、必要な値を入力していきます。空欄でもokな箇所が多いので、必ず埋める箇所だけ説明していきます。@種別はカスタムにAポートマッピングは有効にするにチャックを入れるB内部ホストは192.168.1.150CプロトコルTCP、最後に適用をクリックして保存します。
5.※ポート番号はそれぞれ設定したいものによって値が変わります。

ZXHN F660Aのポート開放の方法

ZXHN F660Aの大きな特徴はMACアドレスマッピングが可能なところです。IPアドレスを固定しなくてもMACアドレスでポートを開放することができます。

 

1.ポートを開放するクライアント(パソコン等)のIPアドレスを固定します。
2.ブラウザのアドレスにhttp://192.168.1.1/と入力してEnterキーを押します。
3.ログイン画面が表示されますので「ユーザー名 admin/パスワード admin」を入力して下さい。
4.設定画面が開いたら、まず最初にアプリケーション登録を実施します。
5.次に必要な値を入力していきます。
6.「ポートフォワーディング」タブを開いて必要事項を入力します。開始 外部ホストIPアドレス、終了 外部ホストIPアドレスは空欄でも設定できます。入力が終わったら必ず最後に「有効にする」 にチェックが入っているか確認して下さい。

HG8045Qのポート開放の方法

HG8045Qの特徴は、ファーウェイ製で、WAN側のダウンロード速度が最大2Gbp、WAN側のアップロード速度は最大1Gbpsが可能なところです。これは一般的なギガビットインターネットの約2倍の速度を誇っています。

 

1.ポートを開放するクライアント(パソコン等)のIPアドレスを固定します。
2.ブラウザのアドレスにhttp://192.168.1.1/と入力してEnterキーを押します。
3.英語表記になっている場合はここで日本語表記に変更しておくと便利です。
4.ログイン画面が表示されますので「ユーザー名 admin/パスワード admin」を入力して下さい。
5.設定画面が開いたら「転送ルール」タブを開き、「ポートマッピング設定」タブ→「新規作成」タブを開いて設定していきます。
6.@種別はカスタムにAポートマッピングは有効にするにチャックを入れるB内部ホストは192.168.1.150CプロトコルTCP、最後に適用をクリックして保存します。
7.※ポート番号はそれぞれ設定したいものによって値が変わります。

NURO光で設置されるONUのポート開放に関する注意点

ポート開放できない場合

 

上記で記載した設定ではポートが開放できなかった場合はUPnP側で不具合が起きている可能性が考えられます。「アプリケーション」タブから「UPnP」のページを開き、UPnPを無効化にしてみてください。その後、「管理」タブから「システム管理」などのタブを開き再起動します。再起動後、インターネットが接続するまで約2分掛かりますので、すぐに「失敗かも」と思わず、2分過ぎるのを待っのがポイントです。

 

NURO光のキャンペーンキャッシュバック情報もチェックしよう