auひかりキャンペーン

auひかりの公式キャンペーン

auひかりの申し込み窓口は、au光公式サイトをはじめとして以下があげられます。

 

・So-netやBIGLOBEなどのプロバイダサイト
・ヤマダ電機やビックカメラなどの家電量販店
・auショップ
・auひかりの代理店サイト

 

それぞれの窓口で独自のキャンペーンを展開していますが、auひかり公式のキャンペーンはどこから申し込んでも適用できることを覚えておきましょう。たとえば代理店サイトでキャッシュバックのキャンペーンがあれば、auひかり公式サイトのキャンペーンとあわせて代理店のキャッシュバックキャンペーンも併用できるということです。

 

この前提をふまえて、まずはauひかり公式のキャンペーンの内容を紹介します。

 

 

▽工事費用相当額の割引キャンペーン

 

光回線を敷設する際には、回線工事が必要です。auひかりでは通常工事費用として以下金額が発生します。

 

 

ホームタイプの場合

毎月の月額料金に30ヵ月間1,250円ずつ加算。

 

※合計37,500円

マンションタイプの場合

毎月の月額料金に24ヵ月間1,250円ずつ加算。

 

※合計30,000円

 

 

 

そしてこのキャンペーンでは、auひかり電話とのセット申込をすることで、この工事費相当の月額料金を毎月割り引く(例:ホームタイプなら毎月1,250円ずつ30ヵ月間)ので、結果的に工事費用が無料になります。なおこの割引が終了する前に解約した場合は、この特典は消滅して残りの工事費用は支払う必要があるので注意しましょう。

 

 

▽他社からの乗換時の違約金(契約解除料)分を還元

 

固定インターネット・もしくはモバイルデータ通信を解約する際は、違約金(契約解除料)が発生することがあります。auひかりとauひかり電話をセットで申し込むことで、その際の他社違約金を最大3万円まで還元してもらえます。還元方法は、最大1万円まではau WALLETプリペイドカードのチャージもしくは郵便為替にて、残りは月額料金からの割引となります。

 

例:他社違約金が30,000円だった場合
・10,000円まではau WALLET プリペイドカードのチャージもしくは郵便為替
・残り2万円は月額料金から毎月1,000円ずつ(20ヵ月間)割引

 

なお、auスマートバリュー対象の他社光回線やKDDI指定のケーブルテレビ事業者などの回線サービスは違約金還元の対象外となるので注意しください。該当の事業者は公式サイトで確認できます。

 

 

▽ずっとギガ得プラン

 

auひかりの月額料金は、これまでギガ得プラン適用で5,200円でした。しかし契約期間を2年間から1年間伸ばして3年間とすることで、月額料金が以下の通り割引となります。

 

 

  1年目 2年目 3年目以降

ずっとギガ得プラン

 

(月額料金)

5,100円 5,000円 4,900円

 

このように契約期間が長くなればなるほど、月額料金の割引が大きくお得になります。

 

 

▽auスマートバリュー

 

auひかりとau電話を申し込んだ上で、auスマホや3Gケータイ、4G LTEタブレットをセットにすると、スマホ・ケータイ・タブレットの月額料金が割引かれます。割り引かれる金額は、スマートフォンの契約の場合は以下の通りです。
※主なプランのみ表にします。

 

 

プラン名 割引額(毎月)

auピタットプラン

 

(シンプル:1GBまで)

割引対象外

auピタットプラン

 

(スーパーカケホ/カケホ:2GBまで)

500円

auピタットプラン

 

(スーパーカケホ/シンプル:1GB超〜2GBまで)

500円

auピタットプラン

 

(スーパーカケホ/カケホ/シンプル:2GB超〜20GBまで)

1,000円
auフラットプラン20/30 1,000円
データ定額10/13/30

2,000円

 

※永年934円+

 

最大2年間1,066円

データ定額5/8/20

1,410円

 

※永年934円+

 

最大2年間476円

データ定額2/3 934円
データ定額1

934円

 

※永年500円+

 

最大2年間434円

 

 

ちなみにauスマートバリューは、一緒に暮らしている家族10台分までが対象になるので、auスマホを使っているユーザーが家族に多ければ多いほどお得になります。たとえば夫婦と子供2人(計4台)がみんなauフラットプラン20に加入している場合は、合計で毎月4,000円ずつ割引となります。

プロバイダ別のキャンペーン

各プロバイダでもそれぞれ独自に、キャッシュバックのキャンペーンを展開しています。ただしキャッシュバック額は以下の通りプロバイダによって異なります。

 

プロバイダ名 キャッシュバック額
So-net 45,000円
@nifty 10,000円
BIGLOBE 50,000円
au one net 10,000円
DTI 38,000円

 

 

 

ご覧の通り、もっともキャッシュバックが高くお得なのはSo-netです

申込窓口別のキャンペーン詳細

ここではプロバイダ以外の主な窓口から申し込んだ場合の特典についてまとめて紹介します。

 

▽auひかり公式サイト
auひかりの公式サイトから申し込むと、KDDIが運営するプロバイダ「au one net」を利用することになりますが、この場合10,000円のキャッシュバックがもらえます。

 

▽auショップ
ショップによっては、auひかり申し込みでキャッシュバックを行っていることがあるようです。キャッシュバックされる額は店舗によって異なりますが、10,000円〜20,000円程度です。

 

 

▽家電量販店
家電量販店では、キャッシュバックではなく、店舗によって商品の割引というかたちで得点がつけられることがあります。この場合の割引額は店舗によって異なりますが、最大で10,000円〜30,000円程度のようです。

 

なお家電量販店で申し込む場合は、店員から有料オプションの加入を強くすすめられ、実際には必要がないのに押し切られて契約してしまうケースが見受けられます。せっかく特典をもらっても不要な有料オプションを加入しては、結果的に割引の意味がなくなってしまうので気を付けましょう。

 

 

▽代理店
インターネット上では、auひかりの申し込みを受け付ける代理店サイトが複数公開されています。キャッシュバック額は代理店によって異なりますが、最大で56,000円。今まであげた全てのパターンと比較して、もっともキャッシュバック額が多くなっています。

 

なお代理店で申し込んだ場合、代理店独自のキャッシュバック、プロバイダのキャッシュバックの両方が適用可能です。(その両方を適用した場合のキャッシュバック額の合計が最大56,000円ということです。)

 

 

 

当サイトおすすめのNURO光キャンペーン詳細をチェックする。

auひかりはどこから申し込むとオトクなのか

これまでいろいろな窓口でauひかりを申し込む場合の特典を見てきましたが、繰り返すように、もっともお得なのは代理店サイトからの申し込みです。以下の通り、キャッシュバック額が最も高くなっています。

 

申込窓口の種別 キャッシュバック額
代理店サイト 最大で56,000円
プロバイダ 最大で45,000円 ※So-net
家電量販店 10,000円〜30,000円
auひかり公式サイト 10,000円 ※プロバイダはau one net

 

 

もちろん代理店サイトから申し込んだ場合でも、auひかり公式のキャンペーン(工事費相当の月額割引、他社違約金の還元など)は併用することが可能です。

 

代理店サイトが、このようにお得なキャンペーンを展開できるのは、実店舗を持たない上に、インターネットのサイトのみで宣伝を行っているためです。そのため家賃や人件費を浮かせることができる分、キャッシュバックの金額に充てることができるわけです。

代理店選びのポイント

代理店によっても当然ながらキャッシュバックの額が異なります。また代理店によっては特典をうけるために、auひかり電話以外の有料オプションの加入が必須だったり、キャッシュバックがもらえるまで申し込みから1年程度かかったりすることがあるようです。これらの点を見比べながら、代理店をえらぶとよいでしょう。

 

 

ここで紹介したポイントを考慮して、おすすめの代理店を以下にまとめて紹介します。

 

 

代理店名 キャッシュバック額

有料オプション

 

加入必要可否

 

(auひかり電話以外)

キャッシュバックがもらえるまでの期間
株式会社NEXT

56,000円

 

※ひかり電話なしなら49,000円

不要 申込から最短1ヵ月後
NNコミュニケーションズ

56,000円

 

※ひかり電話なしなら49,000円

不要 申込から最短1ヵ月後

 

 

2017年11月17日時点では、どちらの代理店もキャッシュバック額など、このリストにあげた条件はかわりません。株式会社NEXT・NNコミュニケーションズどちらからでもお得にauひかりを契約することが可能です。

 

 


代理店から申し込んだ場合、代理店独自のキャッシュバックと代理店経由で申し込むプロバイダのキャッシュバックが両方とも適用されるかたちになります。なおここで紹介した2つの代理店では、どのプロバイダをえらんでもキャッシュバック額が同じになるよう設定しています。

 

上記表のキャッシュバック額は、代理店独自のキャッシュバックとプロバイダのキャッシュバックを加算したものです。なお、プロバイダのキャッシュバック額は、プロバイダの公式サイトから申し込んだ場合と異なるのであわせて注意してください。

auひかりのキャンペーンに関する注意点

auひかりのキャンペーンは、auひかり公式のキャンペーン、プロバイダや代理店独自のキャンペーンなど、さまざまな特典が交錯するので初めて見る方はどこがお得か迷うかもしれません。

 

その上、申込窓口のサイトによっては「総額●円お得」と記載されていることがありますが、これはその窓口独自のキャンペーンだけでないこともあるので注意しましょう。auひかり公式のキャンペーンも全て適用した場合の料金を表示していることもあります。

 

一例としてその窓口のキャッシュバック額が20,000円と、この記事で紹介した代理店サイトのキャッシュバックより少ない例を想定してみます。このとき、auひかり公式の工事費実質無料(37,500円)と他社違約金の還元(最大30,000円)を含めて示しているために、「総額で87,500円のお得」という書き方をすることがあるのです。

 

これだけみると、たとえばここで紹介した代理店「NNコミュニケーションズ」の5万円以上のキャッシュバックより一見お得に見えます。しかしNNコミュニケーションズからの申し込みでもauひかり公式の特典はうけられるので、実際にはNNコミュニケーションズの方がお得です。auひかりのキャンペーンをえらぶ場合は、このようにその金額がどういった計算に基づくものか確認するようにしましょう。