ソフトバンク光プロバイダ

インターネット利用するには回線とプロバイダが必要なことはご存知だと思います。
光コラボの大手ソフトバンク光のプロバイダはYahoo!BBに決まっていて、ドコモ光やauひかりのように選ぶ必要はありません。

 

今回はこのYahoo!BBにスポットを当て、実際に利用してみた使用感や感想をソフトバンク光との相性やプロバイダとしての特徴、オプションや特典、また乗換え・転用時の手続きや注意点、さらにプロバイダのウンチクなども交えわかりやすく紹介していきます。

 

じつにタイムリーな先般の報道発表でも、今年3月期の決算でトヨタに次ぐ1兆円越えの純利益達成を果たしたソフトバンクグループですが、なかでも国内の通信事業であるY!mobileの好調や固定回線の契約数の伸びが順調だったとコメントされています。

 

この固定回線のメイン商品こそまさに今回紹介するソフトバンク光。
となるとそのプロバイダ・Yahoo!BBのことを知るのは、検討する上での参考になることはもちろん、まさに通信分野での常識になるかもしれませんよ。

プロバイダのことをザックリ

インターネットに必要不可欠なものとしてプロバイダがあります。
「プロバイダ」は呼びやすくした略語で、正式には「インターネットサービスプロバイダー:英語ではInternet Service Provider」、頭文字をとってISP(アイエスピー)と呼ばれることもあります。

 

■「プロバイダー」の語尾を伸ばす伸ばさないのウンチク
現場でよく聞かれるのが「プロバイダ」と「プロバイダー」の正しい呼び名(表記)ですが、英語表記では「provider」ですから「プロバイダー」と語尾を伸ばすのが本来なのでしょう。

 

「マック」や「マクド」と同じで日常会話的にはどちらでも通用するので、結論からいえば「どちらでもいい」ということになりますが、IT業界の慣習や工学系・JIS用語の原則として語尾の「バー」の伸ばしがハイフンやマイナスにも見えることから、読み間違いや判別ミスを防ぐためにも「プロバイダ」と表記してきたんです。

 

「コンピュータ」や「メモリ」、「プリンタ」、「フォルダ」なども、会話では語尾を伸ばしますが表記では伸ばさない方が良いとされてきました。

 

ただ1991年に政府・内閣の告示でこの表記が一部改正され、英語表記した時の末尾が「or」、「ar」、「er」で終わるものつまり語尾の読みが「あ」になるものは、この伸ばす表記をつけるというルールを決めたんですね。

 

これにマイクロソフトが呼応して「フォルダー」、「コンピューター」などと表記を変えたんです。
手元のウインドウズPCのコンパネなどを見てください「コンピューター」、「プリンター」は「あ」になるので表記を伸ばし、「ピクチャ」や「セキュリティ」は伸ばしていませんね。
「おおっなるほど!」となりませんか? これでちょっとしたドヤ顔もできるというものです。

 

かといってとくに違反ではないので、当サイトではもちろんスマートでシャープな印象の「プロバイダ」と表記しますね。

 

■プロバイダはインターネットの提供者
プロバイダとは本来「提供する者/企業」という意味で、インターネットの世界では接続サービスを提供する会社、つまり「プロバイダ=接続事業者」なんですね。

 

プロバイダはインターネットに接続するための「認証アカウント(認証ID/パスワード)」という接続情報を管理していて、契約者に認証アカウントを提供します。
いわばインターネットの提供者というわけです。

 

■プロバイダだけではインターネットが見られない?
クルマを買っても道がなければドライブどころかどこにも行けませんよね。
これと同じでプロバイダと契約しただけでは、ネットが見られません。

 

インターネットというとなんだか未知の世界を探索しているような感覚さえしますが、先ほどのドライブと似たようなもので、そこが海でも山でもテーマパークや世界遺産でも必ず目的地があるものです。

 

インターネットを見るということも、それが個人であっても企業であっても結局誰かが作ったサイトを見ているだけ、つまりどこかのサーバ(データ倉庫のようなコンピュータ)にアクセスしてその中身を見ているだけなんですね。

 

■ソフトバンク光のプロバイダはブランドショップと同じ
インターネット関連サイトでは数々のプロバイダ比較が行なわれているようですが、少しばかり気になるのは、プロバイダの個性や回線との絡みに触れていないことです。

 

たとえばauひかりやドコモ光などあちこちの光回線に絡んでくるプロバイダ大手のBIGLOBEやSo-netを、競合他社のauひかりやドコモ光とは絡まないYahoo!BBと比べるのは少々野蛮というものです。
裏を返せば、ソフトバンク光回線にプロバイダに他社を絡ませないことと似ています。

 

Yahoo!BBはそれだけソフトバンク光というブランドに守られているプロバイダともいえるわけで、ファッション業界でいえばセレクトショップでなくブランドショップの商品というわけですね。
ここに光回線に対する通信事業者の戦略やこだわりが関わっているものと想像がつきます。

 

ではそのこだわりはどこになるのでしょうか。
早速詳しく見ていきましょう。

ソフトバンク光のプロバイダ・Yahoo!BBとは

さて、ではソフトバンク光のプロバイダはどうなっているのでしょう。

 

あらためてになりますが、それが冒頭でも紹介した「Yahoo!BB」なんです。
Yahoo!BBとはソフトバンク光と同じソフトバンク株式会社が提供しているプロバイダで、ISPサービスの商標つまりひとつのサービス部門なんです。

 

Yahoo!BBは電話回線を使ったインターネットADSLの分野では、全盛期から現在なおトップシェアを占めているので、その知名度も高いですよね。
ソフトバンク光に申し込むと、必然的にプロバイダはYahoo!BBになるわけです。

 

では早速、そのYahoo!BBの特徴や特典を見ていきましょう。
インターネットに接続するという大きな意味では、ソフトバンク光向けの記事になってしまいますが、今回はあくまでプロバイダYahoo!BBをメインとして紹介します。

Yahoo!BBの特徴や特典

ソフトバンク光に申し込んでプロバイダがYahoo!BBになることの大きなメリットは、回線品質が良くなることです。

 

■実際にYahoo!BBを利用した上での感想
では早速Yahoo!BBの使用感を紹介していきますが、その前に他サイトでYahoo!BBの予備知識を持たれている方は一度リセットが必要かもしれません。
その理由としては次のことがあげられます。

 

●プロバイダ・ネット回線比較サイトの悪行
プロバイダ比較サイトなどで、あちこちたらい回しにされた裏付けのない記事がもっともな言い回しで書き立てられていますが、ほとんどの場合他サイトから引用した「机上の空論」です。

 

一昨年社会問題にまでなったDeNAの医療系キュレーションサイトと同じですね、
そこいら辺の暇人集めて小遣い稼ぎに記事を量産させる例のアレです。
言い回しが結構辛らつですが実際そんなものですよ。

 

私もDNA系の別サイトに要請され参与していましたが、日頃のクセでイチイチ裏付けや掲載許可を取っていたら「いいんだいいんだ」なんて信じられないような指示もあったものです。
それでも業界人としてのポリシーが許さないのでやはりバックをとって続けていたら、実際そんなに簡単に量産はできないんですよね。

 

では私(筆者)はといえば、WEB&通信系とメディア&出版系の両刀現役業界人であり、日常のルーチンにもなっている「公平性と裏付け」しか取り得のないライターですので、記事内容には自信アリですよ。

 

じつはそんな私も約1年前、フレッツ光&OCNからソフトバンク光&必然Yahoo!BBに変えて、その恩恵を受けているユーザーの一人なんです。
今回のYahoo!BBの紹介記事は、まさに飛んで火に入るナンとか「格好の餌食」なんですね。
では本題に戻りましょう。

 

●実体験に基づくプロバイダ変更時の回線品質の向上
回線品質とは回線速度や回線の安定度のことで、要するに「ネットが快適に利用できる」ということです。

 

私も体験的に「ソフトバンク光に転用して回線品質がよくなった」ので、これは間違いないです。

 

「それってたまたまソフトバンク光の回線がいいんじゃないの?」という方も居るかもしれませんが、フレッツ光から光コラボのソフトバンク光ですから、回線は何も変わっていないんですね。
何せ光コラボはフレッツ光回線を工事なしでそのまま利用(転用)できるのが大きな特徴ですから。

 

ということは何が変わったかというと、プロバイダがOCNからYahoo!BBになったということだけなんです。
もちろん契約先はNTT西日本(フレッツ光)&NTTコミュニケーションズ(OCN)からソフトバンク(ソフトバンク光&Yahoo!BB)1本になっていますがこれは事務手続き上だけです。

 

●Yahoo!BBに変えて回線速度が速くなった
回線速度はソフトバンク光&Yahoo!BBに変えて明らかに速くなっています。
現に今この記事をライティング中のリアル回線スピードを測ってみると、
ソフトバンクのプロバイダ1 

 

週末に近いゴールデンタイムでもこれです。

 

フレッツ光&OCNの時はこうしてリアルタイムで回線速度を紹介するときは「大した速度でなかったらどうしよう」なんて若干不安がありながらも大抵は10〜20Mbps前後でした。

 

その差は測定値を見れば一目瞭然、これ以上は自画自賛の域になりくどくなるので多くを語るのはやめておきましょう。

 

念の為今度はこの記事の校閲中に再度回線速度を測ってみると
ソフトバンクのプロバイダ2 
実測値もういいですか? そろそろくどいのでやめておきましょう。

 

●Yahoo!BBに変えるとHGWのクラッシュがなくなった
また以前フレッツ光&OCNの時に時々起こっていたHGW(ルーター一体型の光終端装置)のクラッシュ(ネットが固まった状態になりリブートでしか改善できない状態)も、今では皆無となっています。

 

こちらの方は原因が定かではなく理論的な裏付けが無い為、「とりあえずプロバイダを変えたらよくなった」程度にとどめておきましょう。

 

とにかくどこかのサイトの受け売りではなく私自身の体験上での見解ですから、これは間違いなく「回線は同じでもプロバイダで回線品質が違う」ということは実証できたということですね。

 

理論的にもネット回線はプロバイダのサーバーを経由するので、あながち間違いではないようですよ。

 

「プロバイダを経由しないから回線層度には影響しない」なんて無茶な持論記事を書いた参考サイトもありますが、ではプロバイダ発行のメールや無料サーバー提供、フィルタリングサービスなどはどこを経由しているんでしょうね「あなたの知らない世界」でしょうか?

 

■その他Yahoo!BBの特典
さて回線品質の向上意外にもYahoo!BBプレミアムプランに加入することでさまざまな特典が受けられます。
ザックリあげてみましょう。

 

●ヤフーショッピングの買い物でTポイント10倍
ヤフーショッピングで買い物をすると、なんとTポイントが普段の10倍付いてくるんです。
今やポイント特典はあちこちの買い物で当たり前になっていますが、これって意外と知らない間に貯まっていますよね。
とくにTポイントは大手3社では最も老舗の第一人者、長く利用している人も多いでしょう。

 

●ヤフオクに出品ができる
こちらは言わずと知れた日本最大の老舗オークションサイト・ヤフーオークション。
何らかの形で一度とは言わず利用している人も多いのでは?
もちろん私も、ちょっとしたPCパーツから大きなモノではクルマやプレジャーボートまで、果敢にヤフオクを利用するヘビーユーザーなんです。

 

じつはこのヤフオク、落札するにはいいのですが出品するには月額約500円の「Yahoo!プレミアム会員」になる必要があるんですが、これらの手続きが一切不要の上制限なしで使い放題に。

 

以前は「ヤフオクは不安」との声も聞かれましたが、最近では会員限定補償サービスもあるので安心です。
ヤフオクで落札だけではもの足りない人に「出品できる」ことはポイントの高いメリットなんですよ。

 

●保存容量100GBのオンラインストレージ「Yahoo!ボックス」が使える
Yahoo!ボックスとは、簡単にいえば「ネット上のレンタル倉庫」のようなものです。

 

通常大切な写真やファイルなどは、自分のPCやメモリスティック、CDなどに保存しますが、万が一故障したり紛失した時は、データの復旧に四苦八苦したり専門業者に依頼して多額な費用がかかったりしますよね。

 

Yahoo!ボックスならそんなデータを手元に置かずにオンラインで管理できるので、アクセスする端末が変わっても出し入れが可能です。
しかもどんな形式のファイルでも保存や共有ができるんです。

 

Yahoo!BBプレミアム会員ならこのYahoo!ボックスをなんと100GBまで利用可能に。
100GBといえば写真なら約50,000枚分ですから、使い方によっては何かと便利に利用できそうですよね。

 

●Yahoo!ブックストアで人気コミックタダ読み!
人気コミックや書籍が2,000冊以上もタダ読みできるYahoo!ブックストアってご存知ですか?
お見せするのがてっとり早いのですが著作権のこともありリンクは貼れないので、とにかく知らない人は「Yahoo!ブックストア」でググるかヤフってみて下さい、ちょっとしたカルチャーショックでしょう。

 

とにかく今もっとも旬な人気コミックが見放題なんです。
ヒマつぶしどころか、ハマってしまいそうになること請け合いですよ。

 

そんなわけで、ソフトバンク光のプロバイダYahoo!BBのおもな特典を紹介してみました。
あくまでプロバイダYahoo!BBとしての特典なので、これ以外にもソフトバンク光としての特典が付いてくるわけですが、今回のテーマとは若干外れてくるのでその辺りはソフトバンク光の総合案内カテゴリを参考にしてくださいね。

乗換え・転用時のプロバイダ手続きや注意点

さて、ソフトバンク光のプロバイダYahoo!BBのことを色々と紹介してきましたが、ここでちょっとした注意が必要です。

 

というのもネット回線の乗換えや転用で新たにプロバイダがYahoo!BBとなるにあたって、
以前に利用していたプロバイダの解約手続きが必要になるという点です。

 

新たなネット回線が利用開始となるとついつい忘れがちな解約手続きですが、まずはこちらを忘れないうちに先に済ませておきたいものです。

 

●ソフトバンク光に回線ごと乗り換えた場合の以前のネット回線の解約手続き
以前に利用していたネット回線が、auひかりや電力系、CATVやWiMAXといったフレッツ光回線以外の場合は「回線とプロバイダの両方を解約」、つまりすべて解約ということになります。

 

プロバイダや回線業者によっては「もっとお安いプランもあります」、「理由をお聞かせください」、「どちらにインターネットをご契約になられますか?」、「本当に解約してよろしいでしょうか?ポイントも貯まっていますし」などと、しつこく食い下がってきます。

 

もちろんこれらは解約を引き留めるための常套句ですが、新たな契約をした以上は時間の無駄だし答える必要もありません。
答える内容によって解約不可ということも一切ないので「とにかく解約」の一点張りで推し進めましょう。

 

●ソフトバンク光に「転用」した場合の解約手続き
以前からフレッツ光回線を利用していた場合は「転用」という扱いになり、転用承諾番号を取得した上でソフトバンク光に申し込みすることになっていた筈です。

 

この場合は、以前使っていたフレッツ光回線はそのまま利用するので解約の必要はありませんが、プロバイダ単体では何も処理されておらず契約がダブってしまうので解約手続きが必要です。

 

ここで以前のプロバイダから付与されたメールアドレス(アカウント)を今後もずっと使い続ける場合は、解約申し出の際に「メールだけは残す」旨を告げることで、メール単体でのプランに契約変更ということになります。

 

実際私も相手先の登録箇所が多いことから、今やau one netとなったKDDIのDIONの時代から付与されたメールアカウントをその後のBIGLOBE→OCN→ソフトバンク光の現在に至るまで、ずっと使い続けています。

 

もちろんその都度プロバイダから付与されるメールアカウントは、ややこしくなるばかりなので全く手つかず、闇から闇へと葬られていったわけですが。

 

とにかくプロバイダ変更の際には、このメールアカウントを残すか残さないかを検討・判断する必要があるということです。

ソフトバンク光(Yahoo!BB)の申し込み方法

ではYahoo!BBつまりソフトバンク光の申し込み方法を説明しておきましょう。

 

ソフトバンク光に申し込むには「Webから申し込む」、「電話で申し込む」の2通りから選択可能です。
ただいずれにせよ、フレッツ光回線から転用の場合事前に「転用承諾番号の取得」が必要になります。

 

●転用承諾番号の取得方法
転用承諾番号は、NTT東西の窓口での取得となります。
取得前にはあらかじめ「契約者名」、「住所」、「連絡先電話番号」、「支払方法」の準備が必要です。

 

・NTT東日本サービス 
電話から→0120-140-202 9:00〜17:00 
WEBから→転用番号の取得8:30〜22:00 土日祝可、年末年始及びメンテナンス時は不可
・NTT西日本サービス 
電話から→0120-553-104 9:00〜17:00 
WEBから→転用番号の取得7:00〜25:00 土日祝可、年末年始及びメンテナンス時は不可

 

■ソフトバンク光をWebから申し込む
Webから申し込む場合は、公式サイトの申し込みページから「お申し込み」をクリックして下さい。

表示されるページの真ん中より少し下に「お申込み」の青いボタンがでてくるので、クリックすると

「SoftBank 光へのお申し込みをご案内します。下記の質問にお答えください。」と記載されたポップアップが出てくるので「はい」もしくは「いいえ」を選択し最後まで質問に答えていけば申し込み完了です。

 

■ソフトバンク光を電話で申し込む
電話で申し込む場合は、通話料無料「0120-981-072」へ。
携帯やPHSからでも通話可能、受付時間は午前10時から午後9時(年末年始は休業)です。

 

■工事日に接続設定すれば利用開始
申し込みが受け付けられると、数日後に光BBユニットと「ご利用開始のご案内」が届くので、利用案内に書かれた工事日(利用開始日)に、
・転用の場合はONU(光終端装置)に光BBユニットを接続しWi-Fiにつなぐだけ
・乗り換えの場合は立会工事完了後、やはり同様の接続設定をするだけ

 

これで、当日からソフトバンク光が利用できるようになります。

 

ソフトバンク光&Yahoo!BBのまとめ

ソフトバンク光のプロバイダYahoo!BBについての説明、いかがでした?

 

今回はとくにプロバイダ側のYahoo!BBにポイントを絞って紹介してきましたが、ソフトバンク光に申し込むことで既にスマホとのセット割「おうち割 光セット」やその都度のキャンペーン特典が受けられるようになるので、回線品質が良くなるだけでなく月額料金が安くなったり以前のネット環境の解約金を負担してもらえたりと、色々とオトクなんです。

 

その辺りももちろん当サイトで専用カテゴリを設けて詳しく紹介しているので、参考にしてみて下さいね。
他サイトには見られない裏話やツッコミ記事も盛り込んであるので、結構楽しく見られること請け合いですよ